Heroku Postgresを使ってみる

はじめに

Heroku Postgresを作成するまでを解説していきます。

Herokuとは

Herokuとは、Webアプリケーションを簡単に構築、運用できるPaaSになります。
アプリケーションの作成だけでなく、アドオンによって多くの追加機能を利用可能です。

クラウド・アプリケーション・プラットフォーム | Heroku
Heroku は、アプリケーションの開発から実行、運用までのすべてをクラウドで完結できる PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)です。

無料でも多くの機能が利用できるため気軽に利用できます。

Heroku を利用して無料でアプリの構築 | Heroku
Heroku のプラットフォームとエコシステムの多種多様な無料クラウドサービスを利用して、アプリを開発、デプロイ、運用できます。

Heroku Postgresとは

Heroku Postgresは、Herokuで利用できるアドオンの1つでPostgreSQLを簡単に利用できます。

アドオンの1つですが、データベース単体で利用して外部から利用も可能です。

無料でも以下の条件で利用可能です。

  • 行数:10,000
  • 同時接続:20
  • ダウンタイム:4h/月
  • バックアップ:2つ
Heroku Postgres - Add-ons - Heroku Elements
Reliable and powerful database as a service based on PostgreSQL.

Postgresを作成するまで

ここからHeroku Postgresを使えるようになるまでの手順を紹介します。

Herokuの登録

Herokuに登録していない方は、まずはHerokuに登録します。

Heroku | Sign up
Sign up for a free Heroku developer account and get started building your apps on Heroku.

アプリの作成

登録が完了したら、アプリの作成をします。

今回はHeroku Postgresだけを利用したいですが、アドオンになるのでアプリの作成も必要になります。しかし、アプリ自体のデプロイなどは必要ありません。

アプリ名は空欄でも自動で設定されます。

アプリが作成されると、作成したアプリの設定画面が確認できます。

アドオンの追加

ここから実際にHeroku Postgresを追加します。

「Resources」タブの「Add-ons」からHeroku Postgresで検索します。

検索結果から選択するとHeroku Postgresの作成画面が出てきます。
無料で利用したい場合はHobby Dev - Freeで作成します。

追加が完了すると「add-ons」に表示されます。

確認

作成したデータベースを確認します。

作成したばかりなのでテーブルもデータもありません。

「Settings」タブには「Database Credentials」があります。こちらの情報がデータベースへ接続するための情報になります。

こちらの情報は定期的に変更されているみたいです。

「Settings」タブの「Database Credentials」にHeroku CLIがあるのでそちらのコマンドでデータベースに接続できます。

まとめ

  • Heroku Postgresで簡単にデータベースが利用できる
  • アプリを作成してアドオンを追加するだけ

参考

タイトルとURLをコピーしました