【Kubernetes】k9sざっくり紹介

スポンサーリンク

はじめに

k9sについて、どんなものか、どうやって使うのかをざっくり紹介したいと思います。

k9s

k9s(ケーナインズ)とは、Kubernetesクラスタをより簡単に操作できるようにするターミナルUIのツールです。

GitHub - derailed/k9s: 🐶 Kubernetes CLI To Manage Your Clusters In Style!
🐶 Kubernetes CLI To Manage Your Clusters In Style! - GitHub - derailed/k9s: 🐶 Kubernetes CLI To Manage Your Clusters In Style!

ターミナル上で起動すると、下記のようなUIでKubernetesクラスタの操作が可能になります。

インストール

Macの場合、下記でインストール可能です。

brew install k9s
GitHub - derailed/k9s: 🐶 Kubernetes CLI To Manage Your Clusters In Style!
🐶 Kubernetes CLI To Manage Your Clusters In Style! - GitHub - derailed/k9s: 🐶 Kubernetes CLI To Manage Your Clusters In Style!

設定

設定ファイルが格納される場所はOSごとに異なります。

  • Unix: ~/.config/k9s
  • macOS: ~/Library/Application Support/k9s
  • Windows: %LOCALAPPDATA%\k9s

config.ymlというファイルがメインの設定ファイルになります。

k9s infoというコマンドでも設定ファイルのパスは確認可能です。

❯ k9s info
 ____  __.________
|    |/ _/   __   \______
|      < \____    /  ___/
|    |  \   /    /\___ \
|____|__ \ /____//____  >
        \/            \/

Configuration:   ~/Library/Application Support/k9s/config.yml
Logs:            /var/folders/v7/jvzb8y655l37rx9g_tgmb3p80000gn/T/k9s-masa.log
Screen Dumps:    /var/folders/v7/jvzb8y655l37rx9g_tgmb3p80000gn/T/k9s-screens-masa

スキンの変更

見た目の色も変更することができます。

設定ファイルのパスにskin.ymlというファイルを作成して設定します。
Githubのリポジトリにさまざまなスキンのサンプルがあるので、そこからコピーして変更可能です。

使い方

?でヘルプが確認でき、画面の上部にも操作可能なコマンドが表示されています。

Commands

起動

基本はk9sコマンドで起動できます。namespaceやコンテキストを指定しての起動も可能です。

k9s

--readonlyオプションをつけることでリソースの変更をできないモードでの起動もできます。

k9s --readonly

終了

終了はいずれかのコマンドで終了できます。

  • :q
  • ctl-c

リソースの一覧

下記のように:とリソース名でそれぞれのリソースの一覧を確認できます。

  • :pod
  • :delpoyment
  • :configmap

リソースの詳細

Deploymentなどはリソースを選択していくと、Deployment -> Pod -> Container -> Logと細かく確認することが可能です。

参考

タイトルとURLをコピーしました