【Sentry】どんなものか?使えるようにするには?

スポンサーリンク

はじめに

Sentryについてどんなものかざっくりと解説し、実際に使えるようになるまでの準備を紹介したいと思います。

Sentryとは

Sentryとは、フロントエンドからバックエンドまでのエラーを管理できるソフトウェアです。

エラーの監視だけでなく、エラー対応のチケット管理としても使えます。様々な言語、フレームワークのSDKが用意されており、そのSDKからSentryにエラーを送り管理画面から監視できるようになっています。

OSSですが、SaaSとしても利用できます。

Application Monitoring and Error Tracking Software
Self-hosted and cloud-based application monitoring that helps software teams see clearer, solve quicker, & learn continuously.

ざっくり以下のようなことができます。

  • 発生したエラーを追跡
  • 同じようなエラーをまとめてissueとして管理
  • 様々な言語・フレームワークのSDKを用意
  • エラーの発生や閾値でのアラート

Sentryに出てくる用語

簡単にSetnryで出てくる用語を紹介します。

  • Organization: 最上位のグルーピング
  • Project: Orgamizationの中でさらにグルーピング
  • Environment: Sentryがサポートするタグ(prod, staging, testingなど)
  • DSN(Data Source Name): 発生したイベントやエラーがどのプロジェクトと紐づくか識別するもの

SaaSを使ってみる

まずは、SaaSで提供されているSentryを使ってみます。

SaaSの場合は料金プランがいくつかありますので、下記から確認してください。いくつか制限はありますが、個人で試すぐらいのレベルであれば無料で利用できます。

Plans and Pricing
Event based pricing so only pay for what you use, with Error and Performance monitoring available across all plans. Try Sentry free for 14 days.

それではSentryを使い始めてみます。
下記のサイトの「TRY SENTRY FOR FREE」から登録することで利用できます。

Application Monitoring and Error Tracking Software
Self-hosted and cloud-based application monitoring that helps software teams see clearer, solve quicker, & learn continuously.

登録が完了し、サインインすると下記のような管理画面が確認できます。

これだけでSentryを使い始められます。

ローカルに構築してみる

もっと自由にSentryを使ってみたい場合はローカルに構築してしまうのがいいと思います。

公式がDockerですぐ構築できるようにリポジトリを用意してくれているので、そちらを使います。

GitHub - getsentry/self-hosted: Sentry, feature-complete and packaged up for low-volume deployments and proofs-of-concept
Sentry, feature-complete and packaged up for low-volume deployments and proofs-of-concept - GitHub - getsentry/self-hosted: Sentry, feature-complete and package...

インストールする前に

Dockerで動かす前に必要な準備をします。

まずインストールに必要なcoreutilsを入れます。

brew install coreutils

また、Sentryを動かすのにメモリを4GB確保しないとエラーになるので、Dockerで設定します。

インストール

まずは、Githubのリポジトリをクローンします。

git clone [email protected]:getsentry/self-hosted.git
cd self-hosted

インストール用のスクリプトを実行します。

./install.sh --no-user-prompt

アカウントを作成します。

docker-compose run --rm web createuser

初回アクセス

まずはDocker Composeでコンテナを実行します。

docker-compose up -d

http://localhost:9000からSentryにアクセスできます。ログインするアカウントは先ほど作成したアカウントになります。

初回ログイン時にSentryの設定が必要になります。基本的にそのままでいいと思います。

設定が完了すると管理画面にアクセスできます。

以上でローカルでの設定は完了です。

まとめ

  • Sentryはフロントエンドからバックエンドまでのエラー監視ツール
  • SaaSでもオンプレでも利用できる

参考

タイトルとURLをコピーしました