CKAD受験体験記

スポンサーリンク

はじめに

CKAD(Certified Kubernetes Application Developer)を受験して合格することができたので、合格までの体験記としてまとめたいと思います。

試験環境がPSI Bridgeに変更になってからの受験になります。

CKADとは

CKAD(Certified Kubernetes Application Developer)は、CNCFとLinux FoundationによるKubernetes開発者向けの資格です。

実際に試験環境を使ってPodを作成したりする実践的な試験内容になっています。

また、試験官が日本語を話してくれるCKAD-JPもあります。

Certified Kubernetes Application Developer (CKAD) Exam | Linux Foundation
Teaching Certified Kubernetes Application Developers how to design, build, configure, and expose cloud native applications for Kubernetes.
認定Kubernetesアプリケーション開発者 (CKAD-JP) - Linux Foundation - Training
認定Kubernetesアプリケーション開発者は、Kubernetes用のクラウドネイティブアプリケーションの設計、構築、構成、公開について学習します。

特徴

  • 試験形式: 実践形式
  • 試験時間: 120分
  • 出題数: 15~20問
  • 合格ライン: 66%
  • 有効期間: 3年
  • 受験料: $375(CKAD-JP: $410)
  • 受験形式: オンライン
  • 言語: 英語、日本語

一度落ちてしまっても1回までは再受験が可能です。

PSI Bridgeに変更になって

2022/6/25から試験のプラットフォームがPSI Bridgeに変更になりました。

PSI Bridge ProctoringPlatform2021-2022へのLF移行-LinuxFoundation-トレーニング

大きな変更点としては下記になると思います。

  • 30分前から「受験」のプロセスを開始できる(身分証明書や周囲の確認など)
  • ローカルのブラウザではなくPSI Secure BrowserアクセスするRemote Desktop環境で受験(コピペのショートカットが変わる)

これまでの受験のTipsを見ているとブックマークを準備してなどがありましたが、使えなくなりました。

個人的にはRemote Desktop環境のブラウザが重くドキュメントを確認するのが大変でした。

試験環境のイメージ画像は下記から確認できます。

Exam User Interface (Performance Based Exams) - T&C DOCS (Candidate Facing Resources)
For performance Based Exams hosted on PSI Bridge Proctoring Platform

試験範囲

試験範囲は下記の通りです。(公式より)

  • アプリケーションの設計と構築20%
    • コンテナイメージを定義、構築、変更
    • ジョブとCronJobs
    • マルチコンテナポッドのデザインパターン(サイドカー、initなど)
    • 永続的で一時的なボリュームを利用
  • アプリケーションの展開20%
    • Kubernetesプリミティブを使用して、一般的なデプロイ戦略(青/緑またはカナリアなど)を実装
    • 展開とローリング更新の実行方法を理解
    • Helmパッケージマネージャーを使用して、既存のパッケージをデプロイ
  • アプリケーションの可観測性とメンテナンス15%
    • APIの非推奨を理解
    • プローブとヘルスチェックを実装
    • 提供されているツールを使用してKubernetesアプリケーションを監視
    • コンテナログを利用
    • Kubernetesでのデバッグ
  • アプリケーション環境、構成、およびセキュリティ25%
    • Kubernetes(CRD)を拡張するリソースを見つけて使用
    • 認証、承認、アドミッションコントロールを理解
    • リソースの要件、制限、および割り当てを理解して定義
    • ConfigMapを理解
    • シークレットを作成して使用
    • ServiceAccountsを理解
    • SecurityContextsを理解
  • サービスとネットワーキング20%
    • NetworkPoliciesの基本的な理解
    • サービスを介したアプリケーションへのアクセスの提供とトラブルシューティング
    • 入力ルールを使用してアプリケーションを公開

受験方法

受験方法はオンライン形式になります。

受験する場所はプライベートな空間である必要があるため、私の場合は自宅では受験が難しく、下記のレンタルスペースで受験しました。

レンタルスペースを探すならインスタベース
全国のレンタルスペースを簡単予約!おしゃれなパーティールームから駅近の格安な貸会議室まで、1時間から借りられます。場所、用途、部屋タイプ等から、目的にあった空間を見つけましょう。サービス手数料無料、ポイント還元で益々おトク。場所に困ったら、インスタベース

細かい受験場所の条件は下記に載っています。

Important Instructions: CKA and CKAD - T&C DOCS (Candidate Facing Resources)

試験開始まで

当日の試験開始までの手順は下記のようになります。30分前から試験ページに入ることができます。

  1. 身分証の撮影
  2. 周囲やテーブルの上などの撮影
  3. 自身の撮影
  4. 試験官の割り当て待ち
  5. 試験官による受験中の注意点などの確認
  6. 試験開始

周囲の撮影や試験官の割り当てなどに時間がかかるので、試験開始までは20分ぐらいはかかると思います。

私はCKAD-JPを購入し、CKAD-JPを購入すれば試験官の方も日本語が話せるはずですが、なぜか今回の担当の方は英語でのやりとりでした。ですが、やりとりはチャットのみで、主に試験についてのアナウンスがメインになるので、英語が読めれば問題ないです。

勉強方法

多分CKADに関するUdemyのコースで一番有名かと思います。こちらのコースをやれば、試験範囲は網羅できます。

前編英語ですが、映像がわかりやすくおすすめです。(英語の勉強にもなります)

Tips

他でも色々Tipsは紹介されていますが、今回PSI Secure Browserでの受験になり、特に重要なTipsは以下の2つかと感じました。

  • わからない時にドキュメントのどのページを見たらいいか大体把握しておく
  • kubectl explainを覚える

Remote Desktop環境が重く、ドキュメントを確認するのが大変だったので、どこを見たら欲しい情報を得られるかは把握しておくのがいいかと思います。そのためにも、Udemyのコースの問題を解くときは、実際にドキュメントを確認しながら解くのがおすすめです。

ドキュメントを探すのが大変なときは、kubectl explainコマンドでマニフェストの書き方を調べるのが有効です。

詳しい使い方は下記で解説しています。

kubectlでマニフェストのフォーマット検索
はじめにkubectlを使ってマニフェストのフォートマットを検索する方法を紹介します。kubectlでマニフェスト検索kubectl explainを使うことによって、マニフェストのフォーマットを検索することができます。また、--r...

参考

タイトルとURLをコピーしました