Docker ComposeでNginxの設定を試せるコンテナ構築

はじめに

Docker ComposeでNginxコンテナを構築して、設定ファイルを更新しながら設定ファイルの検証ができるような環境を構築します。

ホスト側のディレクトリをマウントすることで、ホスト側のファイルを更新しながらNginxの動作を検証できるようにします。

Docker Composeについては、下記で解説しています。

【超基礎】Docker Compose
はじめにDocker Composeについて、基本的な使い方の解説と具体的な例としてDjango/PostgreSQLアプリを構築をしてみたいと思います。Dockerについてはこちらで解説しています。環境DocerとDocker ...

準備

まずは必要なファイルを準備します。

必要なファイルとディレクトリは以下のようになります。

.
├── default.conf
└── docker-compose.yml

default.conf

Nginxの設定ファイルとなるdefault.confを用意します。

下記はデフォルトで用意されている設定内容と同じになります。

server {
    listen       80;
    listen  [::]:80;
    server_name  localhost;

    #access_log  /var/log/nginx/host.access.log  main;

    location / {
        root   /usr/share/nginx/html;
        index  index.html index.htm;
    }

    #error_page  404              /404.html;

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    proxy_pass   http://127.0.0.1;
    #}

    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    root           html;
    #    fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
    #    fastcgi_index  index.php;
    #    fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /scripts$fastcgi_script_name;
    #    include        fastcgi_params;
    #}

    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    #    deny  all;
    #}
}

docker-compose.yml

次にdocker-compose.ymlを作成します。

公式のNginxイメージを利用してコンテナを作成します。また、先ほど用意したdefault.confとコンテナ側のetc/nginx/conf.d/default.confをマウントします。

version: "3"
services:
  nginx:
    image: nginx:latest
    container_name: nginx00
    ports:
      - "80:80"
    volumes:
      - ./default.conf:/etc/nginx/conf.d/default.conf

コンテナを実行

必要なファイルが準備できたらコンテナを実行します。

❯ docker-compose up -d

設定を変更

ここからNginxの設定を変更しながらNginxの動作を検証していきます。

ホスト側のdefault.confを変更したら、下記コマンドで再起動します。

❯ docker-compose restart

default.confはマウントされているため、ホスト側のファイルを更新するとコンテナ側のファイルも更新されます。

参考

タイトルとURLをコピーしました