KCNA受験体験記

スポンサーリンク

はじめに

KCNAを受験して合格することができたので、合格までの体験記としてまとめたいと思います。

KCNAは、まだ比較的新しく、日本語での情報が少なかったので、何かしら参考になれば幸いです。

KCNAとは

KCNA(Kubernetes and Cloud Native Associate)、CNCFとLinux FoundationによるKubernetesとクラウドネイティブに関する資格です。

レベルとしては入門レベルで、CKAやCKADを取得する人を対象としています。

https://training.linuxfoundation.org/ja/certification/kubernetes-cloud-native-associate/
Kubernetes and Cloud Native Associate (KCNA) | Cloud Native Computing Foundation
The Kubernetes and Cloud Native Associate (KCNA) exam demonstrates a user’s foundational knowledge and skills in Kubernetes and the wider cloud native ecosystem...

特徴

  • 試験形式: 選択式
  • 試験時間: 90分
  • 出題数: 60問
  • 合格ライン: 75%
  • 有効期間: 3年
  • 受験料: $250
  • 受験形式: オンライン
  • 言語: 英語

一度落ちてしまっても1回までは再受験が可能です。

試験範囲

試験範囲は下記の通りです。(公式より)

  • Kubernetes基礎 46%
    • Kubernetesリソース
    • Kubernetesのアーキテクチャ
    • Kubernetes API
    • コンテナ
    • スケジューリング
  • コンテナ オーケストレーション 22%
    • コンテナ オーケストレーションの基礎
    • ランタイム
    • セキュリティ
    • ネットワーク
    • サービスメッシュ
    • ストレージ
  • クラウド ネイティブ アーキテクチャ 16%
    • 自動スケーリング
    • サーバーレス
    • コミュニティとガバナンス
    • 役割とペルソナ
    • オープンスタンダード
  • クラウド ネイティブの可観測性 8%
    • テレメトリと可観測性
    • Prometheus
    • コスト管理
  • クラウド ネイティブ アプリケーションの配信 8%
    • アプリケーション配信の基礎
    • GitOps
    • CI/CD

Kubernetesとコンテナを中心として、PrometheusなどのモニタリングやCI/CDについてまで、クラウドネイティブに関する内容が幅広く範囲とされています。

受験方法

受験方法はオンライン形式になります。

受験する場所はプライベートな空間である必要があるため、私の場合は自宅では受験が難しく、下記のレンタルスペースで受験しました。

レンタルスペースを探すならインスタベース
全国のレンタルスペースを簡単予約!おしゃれなパーティールームから駅近の格安な貸会議室まで、1時間から借りられます。場所、用途、部屋タイプ等から、目的にあった空間を見つけましょう。サービス手数料無料、ポイント還元で益々おトク。場所に困ったら、インスタベース

細かい受験場所の条件は下記に載っています。

Important Instructions: KCNA - T&C DOCS (Candidate Facing Resources)

試験開始まで

当日の試験開始までの手順は下記のようになります。30分前から試験ページに入ることができます。

  1. 身分証の撮影
  2. 周囲やテーブルの上などの撮影
  3. 自身の撮影
  4. 試験官の割り当て待ち
  5. 試験官による受験中の注意点などの確認
  6. 試験開始

周囲の撮影や試験官の割り当てなどに時間がかかるので、試験開始までは20分ぐらいはかかると思います。

言語は英語なので、試験官とのやりとりも英語です。ただ、やりとりはチャットのみで、主に試験についてのアナウンスがメインになるので、英語が読めれば問題ないと思います。

また、私の場合、身分証として免許証を提示したのですが、英語で名前が書かれた身分証の提示も求められたので、クレジットカードの名前も提示しました。

勉強方法

私は下記を利用して勉強しました。Linux Foundationが用意しているトレーニングコースで、試験と合わせると安く購入できます。

https://training.linuxfoundation.org/ja/training/kubernetes-and-cloud-native-essentials-lfs250/

また、このコースにはクイズが用意されていますが、似たような問題も試験で出てきました。

このコースの内容を隅々まで理解できていれば、問題はない印象でした。

出題イメージ

いくつか出てくる問題のイメージを紹介したいと思います。(実際に出てきた問題とは異なります)

利用可能なKubernetesオブジェクトの一覧を取得できるコマンドはどれか

  • kubectl api-resources
  • kubectl resources
  • kubectl api
  • kubectl objects

エラーの数を表すのに利用するのが適切なPrometheusメトリックタイプはどれか

  • Counter
  • Gauge
  • Summary
  • Histogram

CNCFは何の略称か

  • Cloud Native Computing Foundation
  • Cloud Native Container Foundation
  • Container Native Computing Foundation
  • Cloud Native Control Foundation

参考

タイトルとURLをコピーしました