Kubernetesクラスタざっくり解説

はじめに

Kubernetesクラスタについてざっくりまとめていきます。

Kubernetesクラスタとは

Kubernetesクラスタとは、ワーカーマシンであるノード(Node)の集合です。

Kubernetesクラスタには以下のようなものが含まれています。

  • ワーカーノード:アプリケーションワークロードのPodを実行
  • コントロールプレーン:ワーカーノードとPodを管理


Kubernetesのドキュメントより

Control Plane

コントロールプレーン(Contorol Plane)は、クラスタのワーカーノードとPodの管理をします。

コントロールプレーンは以下のコンポーネントで構成されます。

  • kube-apiserver:コントロールプレーンのフロントエンドでAPIを処理する
  • etcd:ノードやクラスタなど様々な情報を保存する
  • kube-scheduler:新しく作成されるPodが実行される場所を決定する
  • kube-controller-manager:Deploymentなどのリソースコントローラの実行を管理する
  • cloud-controller-manager:クラウドプロバイダー固有のコントローラを管理する

Control PlaneとMaster Node

Kubernetesを調べているとマスターノードとコントロールプレーンの関係性がわからなくなっていましたが、Kubernetesのドキュメントに以下のように記載されていました。

  • Control Plane
    The hosts running these components were historically called masters.
  • Master
    Legacy term, used as synonym for nodes hosting the control plane.
Glossary
Glossary

つまり、コントロールプレーンを実行しているのがマスターノードになります。
今はレガシーな呼び方のようなので、マスターノードとは呼ばずコントロールプレーンと呼ぶのが良さそうです。

Node

ノード(Node))は、Kubernetesのワーカーマシンであり、ワークロードを実行するのをワーカーノードと呼ばれます。

ワーカーノードは以下のようなコンポーネントが実行されます。

  • kubelet:コンテナの起動や削除を管理する
  • kube-proxy:Podの仮想IPアドレスを管理する
  • コンテナランタイム:コンテナを実行する

参考

タイトルとURLをコピーしました