【VSCode】Settings Syncで複数のVSCodeでの設定を同期する

はじめに

VSCodeの公式から用意されている「Settings Sync」を利用して複数のVSCodeで設定を同期する方法を紹介します。

本記事では、Settings Syncの初期設定方法を解説します。

Settings Syncとは

Settings Syncとは、VSCodeの公式が用意している設定同期機能です。

Settings Sync in Visual Studio Code
Synchronize your user settings across all your Visual Studio Code instances.

メインとなる設定だけでなく、ショートカットやユーザスニペット、インストールした拡張とUIの状態も同期してくれます。

設定を表すsettings.jsonについては下記で解説しています。

【VSCode】settings.jsonについて理解する
はじめにVSCodeのsettings.jsonについて、どんなファイルなのか、何をするのか、どう書くのかをまとめました。settings.jsonとはsettings.jsonとは、VSCodeの設定を記述するファイルです。VSC...

設定

Settings Syncの設定方法について紹介していきます。

まずは左下の歯車マークから「Turn on Settings Sync...」を選択します。

次に同期する項目を選びます。

同期するためのアカウントを選択します。

ブラウザを経由してログインすると再度VSCodeに戻ってくるので「Open」を選択して設定完了です。

画像はGithubを利用して同期しました。

まとめ

Settings Syncを利用することで簡単にVSCodeの設定を同期できます。

参考

タイトルとURLをコピーしました